「免疫力を上げたい」「いつも冷えている」 「体調がいつもすぐれない」 「情緒不安定」 「疲れやすい」「妊娠したいけどなかなか授からない」 「忙しすぎて自分のことにかまっていられない」 「むくみや肌荒れが治らない」……。

からだとこころの不調に悩んでいませんか? 食べるものを変えることで、よくなるかもしれません。健康によいとされる食べもの、食べ方があなたの体質に合うとかはぎりません。豆乳がからだを冷やしたり、たくさん水を飲むことが逆に疲れにつながる体質の人も。

まずは自分の体質を知り、それにあった食生活にととのえることが大切です。

この講座では、30年以上食養生を指導するオオニシ恭子先生にお越しいただき、おひとりおひとりの体質、生活サイクルに沿って忙しい毎日でも続けられることを前提に、食養生、レシピ、日常の過ごし方を3回に渡りお伝えいたします。


オオニシ恭子 プロフィール

自身のひどい手荒れをきっかけに、食養料理研究家の桜沢リマ氏に学ぶ。1981年渡欧。以来32年にわたり、ベルギーを中心に東洋的食養法を基本としながらも欧州における素材と環境を取り入れた食養法「ヨーロッパ薬膳」の普及に努める。2013年1月より奈良・初瀬の地に移住し「やまと薬膳」の活動を開始。個々の生活や体調を見ながら、その環境に適応した食事法を指導する。著書に『なにを食べるかはからだが教えてくれる』(PHP研究所)など。 やまと薬膳 https://yamatoyakuzen.com/

ご好評いただいている「すこやかに生きるための食養生」講座を少し、リニューアルいたしました。

全4回から3回にし、「こんなことを知りたい!」というリクエストにお答えしながらオオニシ恭子先生が長年研究されてきた「食べもの、食べ方と心身の関係」を入門編としてお話しいたします。

体調を崩しやすい夏の季節に特化したお話しも。

<日程>

第1回 2022年7月30日土曜日(18:00〜20:00)

第2回 8月27日土曜日(18:00〜20:00)

第3回 9月24日土曜日(18:00〜20:00)

<募集概要>

場所/東京・清澄白河のキッチンスタジオ(募集人数16名) 
時間/18:00〜20:00 (120分) ※開場17:30 
座学中心の講座です。料理のデモンストレーション・試食あり 
参加費/33,000円(税込)
持ち物/筆記用具、手拭き、マイお箸

場所/東京都江東区常盤2-15-3 テラヤマビル2F F-FURNITURE Tokyo
(都営大江戸線、東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」A1出口より 徒歩3分
都営大江戸線、都営新宿線「森下駅」A7出口より 徒歩6分)
地図はこちら

※駐車場はございません
※会場は風通しのいいスタジオです。十分に換気、消毒に注意して講座をおこないます。マスク着用でご参加おねがいいたします。
※席数が限られているため、全3回すべて会場にてご参加いただける方を優先してご予約をうけさせていただきます。できるだけ直接お会いして顔色などをみさせていただきながら体調に関するご相談を受けたいため、ご了承ください。

お申し込み後、メインテキストとなる書籍『なにを食べるかはからだが教えてくれる』(PHP研究所)をご購入いただき(電子書籍もございます)ます。→ご購入はこちらから 

また、事前に体調・食生活に関するアンケートをお送りし、お答えいただいたうえで講座にご参加いただきます。

本講座のお問い合わせは以下までお願いいたします。
柳に風 柳澤智子 tomoko@yanaginikaze.com

企画/柳に風   協力/F-FURNITURE tokyo